発熱(37℃以上)・風邪症状
のある方へ

体調不良で受診される患者様は診察のお時間を指定させていただいております。
37℃以上の発熱のどの痛み倦怠感下痢・嘔吐など、
体調のすぐれない方はご来院前にお電話にてご連絡ください。

0544-66-5516

Information

2024.06.05 当院の電話について
当院にお電話いただいた方から、会話が聞き取りにくいとのお声を複数いただいております。
現時点で原因特定に至っておらず、問題解決まではしばらく時間がかかる見通しです。可能な限り対応を行っていますが、お電話での対応が難しい場合があります。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。
2024.06.01 診療報酬に係る院内掲示についてのお知らせ
【医療情報取得加算に係る掲示】
オンライン資格確認や電子処方箋のデータ等から取得する情報を活用することにより、質の高い医療の提供に努めています。正確な情報を取得・活用する為マイナ保険証の利用にご協力をお願いいたします。

【外来感染対策向上加算に係る掲示】
当院は院内感染防止対策として、必要に応じて次のような取り組みを行っています。
①当院は新興感染症の発生時に自治体の要請を受けて発熱患者の診療等を実施する「第二種協定指定医療機関」に指定されています。
②感染管理者である院長を中心に職員一同院内感染対策を推進します。
③院内感染対策の基本的考え方や関連知識の習得を目的に研修会を年2回実施します。
④感染性の高い疾患(インフルエンザや新型コロナウイルス感染症など)が疑われる場合は、一般診療の方と空間、時間を分けた発熱外来にて対応させていただきます。
⑤標準的感染予防対策を踏まえた院内対策マニュアルを作成し、従業員全員がそれにそって院内感染対策を推進していきます。
⑥感染対策に関して基幹病院と連携体制を構築し、定期的に必要な情報提供やアドバイスを受け、院内感染対策の向上に努めます。
⑦当院は受診歴の有無に関わらず、発熱その他感染症を疑わせるような症状を呈する患者さんの受け入れを行います。

【明細書発行体制加算に係る掲示】
当院では、医療の透明化や患者様への情報提供を積極的に推進していく観点から、領収書の発行の際に明細書を無料で発行しております。明細書の発行を希望されない方は受付へその旨お申し出ください。

【一般名処方加算に係る掲示】
当院では後発医薬品の使用促進を図るとともに、医薬品の安定供給に向けた取り組みなどを実施しています。後発医薬品ある医薬品については、特定の医薬品名を指定するのではなく、一般名処方によって、特定の医薬品の供給が不足した場合であっても、患者様に必要な医薬品が提供しやすくなります。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。
※一般名処方とは:お薬の商品名ではなく、有効成分をもとにした薬品名での処方箋を記載することです。同じ薬品で、様々なメーカーが薬を作るようになり、先発品に比べて後発品は薬価が低いため医療費の削減につながります。
2024.04.22 5月及び6月の土曜日診療について
院長学会出席のため、5月25日(土)、6月22日(土)は休診となります。
振替診察日として5月6月ともに第二土曜日(5月11日、6月8日)は診療いたします。

5月、6月の土曜日に受診を予定されている方は診察日に十分ご注意ください。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。
2024.04.22 各種がん検診 特定健診
5月より各種がん検診、肝炎ウイルス検診、特定健診が始まります。

対象者:
胃がん検診(内視鏡) 35歳以上                ~2月まで    
大腸がん検診     35歳以上                ~2月まで
前立腺がん検診    50歳以上の男性             ~2月まで
肝炎ウイルス検診   40歳~70歳で検診を受けたことがない方  ~2月まで

特定健診 富士宮市国民健康保険に加入している40歳以上の方   ~12月まで


各種検診、特定健診をご希望の方は当院までお問い合わせください。
2022.07.19 肝がん撲滅市民公開講座(配信終了)
WEB配信市民公開講座は富士宮市からも多くの方々にご視聴いただくことが出来ました。
ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。

2022年度 日本肝臓学会主催 
肝がん撲滅運動 市民公開講座
WEB配信:2022年7月24日~8月21日

1. 肝がんはどのように診断するのか?ー肝がんの危険因子と診断法ー
                 ヒロ内科クリニック 院長 廿樂 裕徳
2. 肝がん予防のために ー肝炎ウイルス陽性者の掘り起こしと抗ウイルス療法ー
     浜松医科大学医学部附属病院 肝臓内科 診療科長 川田 一仁先生
3. 肝がんはどのように治療されているのか? ー最近の治療の進歩ー
     順天堂大学医学部附属静岡病院 消化器内科 教授 玄田 拓哉先生
4. 肝臓病の食事
    順天堂大学医学部附属静岡病院栄養科 管理栄養士 髙山卓也先生

肝がん撲滅市民公開講座に当院院長が講師として参加しました。
2022.03.16 37℃以上の発熱 風邪症状 体調不良で受診を希望される方へ
体調不良で受診される方は診察のお時間を指定させていただいております。
37℃以上の発熱やのどの痛み、咳、倦怠感、下痢・嘔吐など体調のすぐれない方はご来院前にお電話にてご連絡下さい。
2022.03.16 帯状疱疹ワクチン
日本人成人の90%以上は帯状疱疹の原因となるウイルスが体内に潜んでいて、80歳までに3人に1人が帯状疱疹になると言われています。疲労やストレス、糖尿病やがんなどによる免疫力低下が発症のきっかけになります。
帯状疱疹を発症すると痛みや発疹が出現し、神経の損傷がひどいと発疹が治った後も「刺すような痛み」「焼けるような痛み」が何年も続くことがあります。このような合併症を起こさないためには発症予防が重要です。
当院では帯状疱疹ワクチンの接種を受け付けております(50才以上)。
「帯状疱疹になったことがあり、再発を予防したい」「いままで帯状疱疹になったことはないが、発症を予防したい」という方で接種をご希望の方や接種を検討している方は当院までお問い合わせください。
2020.10.01 新規開院のお知らせ
2021年9月6日(月)新規オープン

Greetingごあいさつ

院長 廿樂 裕德

生まれ育った富士宮・大富士地区で地域の皆様とともに健康に歩んでいくために、なんでも相談できるかかりつけ医でありたいと思っています。どうぞお気軽にご相談ください。

院長 廿樂 裕德つづらひろのり

当院の理念

  • 気軽になんでも相談できる、あなたの「かかりつけクリニック」を目指します。
  • 笑顔と思いやりにあふれ、あなたに寄り添うクリニックを目指します。
  • からだの心配事に対してあなたとともに戦うクリニックを目指します。
  • あなたの主治医として適切なタイミングで高次医療機関と連携をとり、地域医療に貢献します。

Clinic Featuresヒロ内科クリニックの特長

  1. 旧ヒロ・クリニックの内科部門を引き継ぎ、ヒロ内科クリニックとして新たに開院(2021年9月)しました。
  2. 内科専門医として生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病等)などの一般内科診療を行います。(週に1日糖尿病専門外来がございます)
  1. 消化器・肝臓専門医として、胃腸の病気・肝臓の病気に対する専門的な検査、適切な治療を行います。
  2. 病気の予防、早期発見、治療を行い、当院で対応が難しい疾患については病診連携を介して高度医療機関に速やかに紹介いたします。